なんか不調・・。を解消できる亜鉛サプリの秘密

なんか不調・・。を解消できる亜鉛サプリの秘密

亜鉛は必須ミネラル

必須ミネラルをご存知でしょうか?100種類ほどあるミネラルの中で、生命維持のために絶対に欠かせないミネラルのことです。16種類の必須ミネラルが指定されており、その中のひとつが亜鉛です。さらに厚生労働省は亜鉛をはじめとする13種類の必須ミネラルは、1日に規定量を摂取する必要があるとしています。

 

・ 亜鉛は微量ミネラル
亜鉛は必須ミネラルのなかでも微量ミネラルという位置づけとなります。1日に必要とされる量が100mg未満の場合に微量ミネラルとなります。体に必要な量はわずかではありますが、生命維持に絶対必要となるため、食生活が不規則な方などは意識する必要があります。

 

・ 300種類もの酵素の働きに必要
体内にある様々な作用として働く酵素ですが、約300もの酵素に亜鉛が使われています。亜鉛が足りないと酵素が上手く働かなくなってしまいます。

 

・ たんぱく質合成に必要
体の大部分はたんぱく質でできており、その合成に必要となるのが亜鉛です。内臓や骨、髪や皮膚などにもたんぱく質は含まれています。亜鉛が足りないと細胞の合成力が低下し、重要な器官であれば機能低下をもたらすこともあります。

 

これらの理由から亜鉛はサプリメントで摂取するのが良いといえます。体に溜め込むことが難しく、3食バランスよく食事をすることが難しい方におすすめします。

亜鉛不足に気が付いたらサプリ

亜鉛不足による症状が出たら、まずはサプリメントで亜鉛を摂取することをおすすめします。亜鉛は体に蓄積しにくく、不足した分を補うには少し時間がかかります。一度に大量に亜鉛が含まれる食品を食べても意味が無く、毎日少しずつ摂取することが重要だからです。

 

・ サプリは数ヶ月で様子を見る
サプリメントを摂取したからといって数日くらいで影響が見られることは少なくなっています。体はつねに代謝を続けており、亜鉛不足をサプリで補い細胞のサイクルが正常に戻り徐々に体調が良くなったと感じられます。少なくとも数ヶ月くらいは様子をみるようにしましょう。肌のように細胞の代謝が早い箇所では亜鉛サプリの影響を感じやすくなります。

 

・ 牡蠣原料のものがベスト
亜鉛はもともと吸収率が低いミネラルです。単体で摂取するより、食品に含まれる総合栄養として補うほうが体に取り込みやすくなります。牡蠣のようにたんぱく質が多い食品での摂取が理想的で、牡蠣には他のミネラルも多く相乗効果で効果を得られやすくなります。

 

・ 過剰摂取のリスクが少ないもの
牡蠣サプリのようなものから亜鉛を摂取したほうが、1つぶ当たりの亜鉛含有量が少なくなります。亜鉛は過剰摂取で吐き気や下痢などの副作用を起こす人がいますから、亜鉛のみが配合されており含有量が多い商品に注意が必要です。

亜鉛サプリで精液増やす方法!! 

関連情報

http://xn--88j8du21lqwrjgr.xyz/・・・亜鉛を効率的に摂る方法、亜鉛を増やしたい人に役立つ情報
http://xn--vekw50gto0cpfh.xyz/・・・髪にいいと言われている亜鉛ですが、どうして亜鉛なのかの疑問を解決し、取り入れやすい亜鉛サプリメントの選び方も紹介しています。

亜鉛不足の危険性

亜鉛は細胞分裂に関与する必須ミネラルのため、不足すると小児の成長障害の危険性があるとされています。大人の場合は成長には影響しませんが、細胞の代謝に関連し内臓の機能低下やホルモン異常などをもたらす可能性があります。

 

・ 最初に亜鉛不足が発見されたのは
世界で亜鉛不足が確認されたのは中東の男性だといわれています。小児の頃から亜鉛不足が見られていたのか、大人の段階で著しい成長障害が見られていました。身長は小学生くらいの子ども程度で、成人していたにも関わらず大人には見えなかったとされています。

 

・ 細胞分裂が活発な箇所で影響しやすい
亜鉛は細胞分裂に必要となるミネラルなため、最初に影響を及ぼすのは細胞分裂が活発な箇所です。一番に影響が出やすいのが舌にあるみらいです。この細胞はとても代謝が早く、10日前後と比較的短く、細胞が次々に生まれ変わるため影響が出やすいのです。

 

・ 皮膚にも影響が出やすい
皮膚の部位によっても代謝のサイクルは異なりますが、顔の皮膚は約28日周期だといわれています。亜鉛不足が見られると古い細胞が押し出されず、新しい細胞が作りにくくなるため、肌の老化が出てきます。

 

・ 性機能の低下
女性なら生理周期の乱れ、男性では勃起不全などの問題が起こります。亜鉛はたんぱく質合成だけでなく、ホルモンとも関わりがあります。

1日に必要な量

亜鉛サプリで飲む量の前に、健康を維持できる必要な量を知っておきましょう。食生活で補いきれないと感じる場合は、別途サプリメントで補給する必要があります。

 

・ 乳幼児の場合
乳幼児の必要な量は少なめで、1日3mg程度です。母乳を飲んでいる乳児は母体が摂取した亜鉛で十分足りています。赤ちゃんがサプリメントを飲む必要はなく、母乳を与える母体が摂取量に注意してください。

 

・ 小児の場合
小児の場合は年齢により必要量が異なり、4mg〜9mg程度です。子どもの場合は極端に偏食が酷いとか、病気などで食べる物が限られている場合のみ注意すれば良いでしょう。ただし思春期頃の男の子は必要量が多くなるため、ジャンクフードをよく食べる子どもの場合はサプリメントで補うことも考えてみましょう。

 

・ 大人の場合
男性は9mg程度、女性は7mg程度です。肉体労働をしている方、ストレスが多い方、お酒の量が多い方などは少し量を増やしてください。女性は妊娠中や授乳中はいつもより3mg程度増やすことをおすすめします。

 

これらの量はあくまでも目安です。明らかに亜鉛不足による症状が見られる方は、別途亜鉛サプリで補っても良いでしょう。亜鉛はもともと吸収率が低く、思ったより摂取量が少ないことがあるからです。

 

亜鉛サプリでで髪がふさふさ!! 

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ